Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」の設定ソフトに脆弱性

公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」に接続するためのソフトウェアに脆弱性が含まれていたことがわかった。すでにアップデートが提供されている。

脆弱性情報サイト「JVN」が情報を公開したもので、ソフトバンク・モバイルやウィルコムが提供している「ソフトバンクWi-Fiスポット」の設定用ソフトウェアに脆弱性「CVE-2013-2310」が含まれる。

アクセスポイントへ接続する際に、利用者に許可なくユーザー情報を送信するため、第三者にユーザー情報が取得されるおそれがある。

3G携帯電話やモバイルWi-Fiルータ、AndroidやWindows Mobileを搭載したスマートフォンなど多数機種に影響があり、2012年12月より順次ソフトウェアの更新などで脆弱性の修正が行われている。

今回見つかった脆弱性は、酒井雅志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ