Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 8」のゼロデイ脆弱性、実証コードが公開中 - 専門家「ブラウザの一時変更も検討を」

ブラウザ「Internet Explorer 8」に脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生している。すでに脆弱性の検証コードが流通しており、悪用が容易な状況のため、セキュリティ専門家が注意を呼びかけている。

今回明らかになった脆弱性「CVE-2013-1347」は、「IE 8」の「CGenericElementオブジェクト」に存在。脆弱性を悪用すると、本来アクセスできないメモリへアクセスが可能となり、任意のコードを実行されるおそれがある。

細工されたウェブページの閲覧などを通じて攻撃を受ける可能性がある。現時点で脆弱性を修正するプログラムは提供されておらず、Microsoftが開発を急いでいる。

米国において、政府関連サイトを改ざんする一連の攻撃で悪用が確認されているが、さらに実証コードがインターネット上に公開されており、容易に悪用できる状況だ。すでに脆弱性検証ツール「Metasploit」で利用できるモジュールも提供されている。

今回の脆弱性について、検証システムにより実際に動作を確認したNTTデータ先端技術は、脆弱性の影響を受けない「IE 8」以外へのバージョンアップを推奨。EMETやセキュリティ設定などMicrosoftが推奨する回避策を確認するよう求めている。

ただし、「Windows XP」に関しては、「IE 9」以降へのバージョンアップできないなど制限もある。同社では、脆弱性の影響を低減させるため、セキュリティ更新プログラムを適用するまで、一時的に使用するブラウザを変更することも対策のひとつに挙げ、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性