Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 8」に未修正の脆弱性、ゼロデイ攻撃が発生中 - 不正サイト閲覧でコード実行のおそれ

米Microsoftは、「Internet Explorer 8」に未修正の深刻な脆弱性が含まれているとしてセキュリティアドバイザリを公開した。すでに脆弱性の悪用も確認されている。

今回明らかになった脆弱性「CVE-2013-1347」は、「IE 8」の「CGenericElementオブジェクト」に存在。細工されたウェブページを閲覧するなど、脆弱性が悪用されるとメモリ破壊が発生し、任意のコードを実行されるおそれがある。

脆弱性は、同バージョンのみに存在し、「同7」以前のバージョンや、「同9」以降のバージョンは、影響を受けないという。現時点で脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムは提供されていない。

同社では、定例外で提供する可能性も含め、セキュリティ更新プログラムの開発を進めている。またセキュリティベンダーが参加する「MAPP(Microsoft Active Protections Program)」を通じて脆弱性の情報を共有した。

緩和策としては、ブラウザにおいて、インターネット閲覧時のセキュリティ設定を「高」に設定して、「ActiveScritpt」や「ActiveX」の動作を制限することや、「Microsoft Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」の活用など挙げている。

また脆弱性を攻撃するサイトへ誘導する攻撃シナリオが考えられるとして、不審なメールなどへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに