Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施錠管理が未実施だった「児童調査書」が所在不明に - 大阪市の小学校

大阪市立加美北小学校において、児童27人の個人情報が記載された「児童調査書」が所在不明になっていることがわかった。

紛失したのは、1クラス27人分の「児童調査書」。児童の氏名や住所、生年月日のほか、保護者氏名や緊急連絡先、家族構成、家から学校までの道順などが記載されている。4月23日16時30分ごろ、担任が調査書を使用しようとしたところ、職員室内の保管場所にないことへ気が付いた。

同市教育委員会では、個人情報含む書類に対して施錠して保管することを定めていたが、同校では徹底されていなかったという。

今回の紛失を受け、同校では対象となる児童の保護者に、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 川崎市