Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施錠管理が未実施だった「児童調査書」が所在不明に - 大阪市の小学校

大阪市立加美北小学校において、児童27人の個人情報が記載された「児童調査書」が所在不明になっていることがわかった。

紛失したのは、1クラス27人分の「児童調査書」。児童の氏名や住所、生年月日のほか、保護者氏名や緊急連絡先、家族構成、家から学校までの道順などが記載されている。4月23日16時30分ごろ、担任が調査書を使用しようとしたところ、職員室内の保管場所にないことへ気が付いた。

同市教育委員会では、個人情報含む書類に対して施錠して保管することを定めていたが、同校では徹底されていなかったという。

今回の紛失を受け、同校では対象となる児童の保護者に、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
小学校で成績一覧表など所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
小学校でテストの解答用紙、教室で所在不明に - 大阪市
小学校で修学旅行の職員用しおりを紛失 - 関市
持ち出した小学校児童の個人情報が盗難 - 杉並区
小学校の家庭訪問中に児童の個人情報が盗難 - 藤沢市