Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレゼント当選者の個人情報が4カ月にわたり閲覧可能に - 文化放送

文化放送は、プレゼント当選者479人の個人情報が、約4カ月にわたりインターネット上で閲覧可能な状態にだったことを明らかにした。

閲覧できる状態にあったのは、同局の番組「リッスン? Live 4 life」の2012年12月までのプレゼント当選者479人の個人情報。氏名、住所のほか、一部電話番号も含まれる。

担当者の理解不足により、2012年12月14日から2013年4月10日まで、データを保存したファイルへインターネット上からアクセスできる状態だった。現在は修正されているという。同局では対象となる当選者に対し、謝罪の書面を送付するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2013/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性