Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインストレージ「Nドライブ」で一部ユーザーのデータが消失した可能性

LINE(旧NHN Japan)は、同社が提供するオンラインストレージサービス「Nドライブ」において、一部利用者のデータが消失した可能性があると発表した。被害範囲を特定できていないという。

データが消失の可能性があるのは、2013年3月22日までに1年以上「Nドライブ」へログインしていない利用者。同社では、プログラムの不具合が原因であると説明しており、すでに修正を終えているという。

同社では正確な被害規模を特定できておらず、影響の範囲を把握したいとして、データの消失が発生した利用者に対して、4月12日までに同社問い合わせ窓口まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
Bitcoin事業者向けサイバー保険 - 不正アクセスだけでなく、内部犯行や設定ミスもカバー
FREETEL、セキュリティアプリ5種類をパッケージ化
製品の保守点検制度に登録された顧客情報を消失 - リンナイ
Yahoo!メール、8月下旬の障害でメール約258万通が消失 - 約97万IDに影響
情報消失とシステム停止の損失額、1社あたり2億円超
キヤノンMJ、中小企業向けIT支援サービスに新ラインナップ
KDDI、携帯電話大規模障害で再発防止の実施結果を総務省へ報告
重大な不具合を修正した「DocuWorks 8.0.4」を提供開始 - 富士ゼロックス