Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apacheの不正モジュール用いる改ざん攻撃 - 旧版「Parallels Plesk Panel」で被害が発生

JPCERTコーディネーションセンターは、サーバ管理ソフト「Parallels Plesk Panel」の旧バージョンを利用する環境下において、ウェブサイトの改ざん被害が多発していることから利用者へ注意喚起を行った。

同ソフトは、ウェブインタフェースのコントロールパネルで、サーバの設定などが行えるサーバ管理製品。ホスティングサービスなどで広く活用されている。

3月にウェブサーバ内へ不正なApacheモジュールが設置される改ざん被害が多発したが、JPCERTによれば、被害を受けた環境は、「Parallels Plesk Panel」の旧バージョンを利用しているケースが多く、さらにその一部では、脆弱性が悪用されたことが判明しているという。

同ソフトに対する「SQLインジェクション」で、アカウント情報が窃取されたり、初期設定のパスワードや脆弱なパスワードが破られ、なりすましによるログインが発生。さらにログイン後、同ソフト上でスクリプトを動作させ、不正なApacheモジュールが設置されていた。

同プログラムを利用する環境では、「MySQL」「BIND」「phpMyAdmin」などもインストールされるため、「Parallels Plesk Panel」に限らず、これらもアップデートされずに古いバージョンで稼働している可能性もあるとJPCERTでは問題を指摘している。

「Parallels Plesk Panel」の本体や、OS、周辺のソフトウェアを最新の状態へアップデートすることや、アクセス制御など対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ