Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「セキュリティ警告メール」装うフィッシング攻撃 - @niftyのウェブメール利用者狙う

@niftyのウェブメールサービス利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。サービスを運営するニフティやフィッシング対策協議会では、注意喚起を行っている。

130408_ap_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングサイト

@niftyを偽装したフィッシングメールで、偽サイトへ誘導し、IDとパスワードを入力させる攻撃が確認されたもの。今回の攻撃では、「セキュリティ警告メール」を装っていた。

ニフティでは、ウェブメールにログインする際のURLを案内し、ログイン時には必ずメールアドレスを確認するよう呼びかけている。

フィッシング対策協議会によれば、問題のサイトはすでに停止が確認されているが、今後も類似のサイトが公開されるおそれもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
偽「My SoftBank」に注意 - 「2020年より手続き必要」とだます手口
「楽天カード」のフィッシング - 不正ログイン通知を偽装
フィッシング報告や悪用ブランドが過去最多に
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2段階フィッシング、偽ポータルから30の偽金融機関サイトに誘導
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用