Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の約8割「モバイル導入はリスクに見合わない」 - 導入進むもメリットに懐疑的

国内企業の約8割が、モバイルの導入についてリスクに見合わないと考えていることがわかった。導入が進む一方でメリットに懐疑心を持っているという。

シマンテックが、日本を含む世界29カ国の従業員数が5から5000人の企業3236社を対象に、モバイル導入状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同調査によれば、モバイル導入に積極的な「革新的組織」と、モバイルの導入に消極的な「保守的組織」に大きくわかれたという。業務にスマートフォンを使用している従業員数は、革新的組織が保守的組織を50%上回っている。

両者では、モバイル導入に対するメリットとリスクの考え方に大きな隔たりがあった。「革新的組織」の66%は「モバイル化はリスクに見合うメリットがある」と回答する一方、「保守的組織」の74%は「リスクに見合わない」と答えたという。

今回の調査で従業員数500人以上の国内企業149社に対象を絞ると、スマートフォンの導入は進んでおり、44%が企業負担で購入し従業員に貸与している。しかし、モバイルの導入が進む一方で「モバイル利用はリスクに見合うメリットがある」と回答したのは21%と低迷した。

また「ポリシー適用にテクノロジーを使用する」と答えたのは日本企業では36%と、500人以上のグローバル企業における全体平均の51.5%を大きく下回っている。

(Security NEXT - 2013/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY