Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリの解析や改ざんを防止する難読化ツール

エージーテックは、米PreEmptive Solutionsが開発したJava開発環境向けの難読化ツール
「DashO Version 7」を提供開始した。

同製品は、Androidにも対応したJava環境向けの難読化ツール。リバースエンジニアリングによる解析や改ざんを防止。不正アプリの流通を防止する。

プログラム解析のヒントとなりやすい識別子の名前変更や、制御フローの難読化、文字列の暗号化など、複数の手法を組み合わせた難読化に対応。また改ざん検出やウォーターマーク、Eclipseとの統合にも対応している。

価格は、「DashO 7 Professional Build Machine License」が66万1500円。「DashO 7 Professional Named User License」が16万8000円。

(Security NEXT - 2013/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも