Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、誤差生じる生体情報を「秘密鍵」に利用できる技術を開発

日立製作所は、従来利用が難しかった生体情報を「秘密鍵」として利用できる電子署名技術をあらたに開発した。

環境に応じて誤差が生じることから、従来より生体情報を「秘密鍵」に用いることが難しかったが、誤差を許容したまま署名を作成する技術と、署名の検証時に「秘密鍵」を秘匿したまま、誤差を訂正できる技術を今回あらたに開発したもの。

同技術により、ICカードなど外部へ秘密鍵を保存したり、パスワードを使用せず、指の静脈パターンなどを電子署名の秘密鍵として利用し、PKIを実現できるとしている。

今回の技術開発は、総務省より委託を受けた「災害に備えたクラウド移行促進セキュリティ技術の研究開発」の成果。同社では、国民IDシステムや電子行政サービス、電子決済サービスなど、実用化を目指す。

(Security NEXT - 2013/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要