Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader」「Acrobat」の脆弱性を狙うゼロデイ攻撃が発生中 - アップデートは準備中

Adobe Systemsは、「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」に複数の深刻な脆弱性が含まれているとして、セキュリティアドバイザリを公開した。すでにゼロデイ攻撃が発生しており、アップデートの提供に向け準備を急いでいる。

「同11.0.01」「同10.1.5」「同9.5.3」および以前のバージョンに、2件の脆弱性「CVE-2013-0640」「CVE-2013-0641」が判明したもの。「Windows」「Mac」いずれも影響があり、脆弱性が悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、制御を奪われるおそれがある。

すでに同社では、細工したPDFファイルをメールで送り付け、ファイルを開かせるWindowsを対象とした標的型攻撃が発生しているとの報告を受けているという。

同社では、これら問題を修正するため、アップデートの開発を進めており、公開予定日が決定次第、アナウンスを行う予定。

同社では攻撃を防ぐための緩和策として、「保護されたビュー」の活用を呼びかけている。設定方法は、「編集メニュー」から「環境設定」を選択。分類の「セキュリティ(拡張)」にある「安全でない可能性のある場所からのファイル」を選択する。

(Security NEXT - 2013/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Drupal」に深刻な脆弱性、アップデートが準備中 - 攻撃コードに警戒を