Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、社会科学の観点からセキュリティを考えるシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、3月5日に都内で「情報セキュリティエコノミクスシンポジウム2013」を開催する。

同イベントは、情報セキュリティに関連する問題を経済学、社会学、社会心理学など幅広く社会科学的な観点から分析する「情報セキュリティエコノミクス」を題材としたシンポジウム。

前半の「エコノミクスセッション」では、「企業における脅威と被害の新たなモデル」「情報セキュリティにおける被害分析結果」といった講演を予定している。

後半は「倫理・社会規範セッション」「コンプライアンスセッション」に分かれており、情報セキュリティと倫理の関連について日韓の共同調査に関する報告や、日本的経営との関連性、同機構が作成している「組織における内部不正防止ガイドライン」の取り組みなどを紹介。専門家によるパネルディスカッション行われる予定。

対象は経営者、総務人事担当者、情報セキュリティシステム担当者などで、定員は200名。参加費は無料。事前申し込みが必要で期限は3月4日。定員となり次第締め切る。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会