Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デザインサイトで顧客のアップロードファイルが外部から閲覧可能に

デザイン編集が行えるオンラインサービス「デザイングラフィック」を運営するグラフィックは、同サービスにおいて、顧客のファイルがサーバ上に残存し、外部から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同サービスを運営するグラフィックによれば、顧客が宛名のCSVファイルとしてアップロードしたファイルが公開領域に保存され、一部がプログラムの不備により削除されず、外部から閲覧できる状態だったという。1月11日夜に指摘があり、問題が発覚した。

閲覧可能だったファイルは25件で、ファイル内には1760件ほどの個人情報が含まれており、検索エンジンにデータが登録されていた。ファイルに対しては、発見者によるアクセス4件を含む8件にアクセスがあったとしている。

同社では、同日から翌未明にかけてファイルの削除や検索エンジンへの削除依頼を実施。サービスを停止し、経済産業省やプライバシーマーク審査団体へ報告した。

同社ではログ分析により被害範囲について調査を進めており、漏洩したファイルの所有者へ個別に連絡する予定。またサービスについては、再発防止策を講じ、システムの改修したとして再開している。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大