Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を実際に体験して学べるセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、実体験を通じて脆弱性対策を学べるツール「AppGoat」のハンズオンセミナーを、2月6日に同機構にて開催する。

同イベントは、組織のウェブサイト運営者を対象に実施するもので、ツール「AppGoat」を利用して脆弱性を悪用した攻撃を体験し、脆弱性のしくみや対策方法を学習できるハンズオンセミナー。

「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「クロスサイトリクエストフォージェリ」といった脆弱性の体験学習のほか、セミナー後半では、「iCodeChecker」によるソースコードのセキュリティ検査技術を学べる。

特にセキュリティ研修の担当者や、経験の浅いウェブアプリケーション開発者を対象としており、ウェブアプリケーションにおける被害事例などの解説をまじえた初級者でも理解しやすい内容になっている。

参加費用は1500円。定員は30名で、同機構ウェブサイトにて先着順で受け付けている。受講には演習があるため、「AppGoat」が動作するノートPCを参加者が用意する必要がある。

(Security NEXT - 2013/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表