Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約9割が公衆無線LANのプライバシーリスクを懸念 - 一方で6割が接続経験あり

9割以上のユーザーが無料の公衆無線LANに対してプライバシー上のリスクを感じる一方で、6割のユーザーに利用経験があることがマカフィーの調査により判明した。

同社が実施したオンラインショッピングの習慣に関する意識調査のなかで判明したもの。調査は9月25日から10月3日にかけて18歳以上の日本人を対象に実施したもので、有効回答数は1007。

同調査において、飲食店や空港、ホテルなどで提供されている無料の公衆無線LANに関し、個人の身元情報についてどの程度リスクがあると感じているか尋ねたところ、11%は「大きなリスクがある」と回答。また「中程度のリスクがある」と考えるユーザーも42%に上っている。一方6%は、リスクはまったくないと感じていた。

無料無線LANの接続経験については、63%のユーザーが接続したことがあると回答。接続デバイスは、「スマートフォン(38%)」「パソコン(36%)」が中心。「タブレット端末」による接続は12%だった。

(Security NEXT - 2012/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者への連絡メールを誤送信 - 佛教大
地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
「情報処理安全確保支援士」の初回登録、4000人超が申請
NECマネジメントパートナー、「CSIRT」向け研修サービスを拡充
千葉大、同大生対象の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催
個人情報含むPCが盗難被害 - 日本診療放射線技師会
通称「登録セキスペ」、「情報処理安全確保支援士」がスタート - 登録受付開始
「情報処理安全確保支援士試験」が2017年4月にスタート - SC試験は秋試験を最後に廃止へ