Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、遠隔操作ウイルスを調査報告する新サービス

ネットエージェントは、組織内におけるウイルス感染を調査、報告する「遠隔操作ウイルス通信発見サービス」を提供開始した。

同サービスは、ネットワークの通信内容から、遠隔操作が行えるトロイの木馬を検出し、結果をレポートとして報告するサービス。

一般的なセキュリティ対策ソフトで検知されないよう作成されたウイルスについても、外部へのパケットを取得し、専用機器による解析や専門家による判断を通じて感染を特定。感染端末や不正通信の日時、宛先、考えられる脅威についてレポートを提供する。

既存環境における感染を調査するスポットサービスにくわえ、今後のウイルスの侵入に備えた年間サービスにも対応する。

またウイルス感染が判明した際に、流出したファイルの特定や、被害の原因や被害範囲を調べるフォレンジック調査についてもオプションサービスを用意している。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援