Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、遠隔操作ウイルスを調査報告する新サービス

ネットエージェントは、組織内におけるウイルス感染を調査、報告する「遠隔操作ウイルス通信発見サービス」を提供開始した。

同サービスは、ネットワークの通信内容から、遠隔操作が行えるトロイの木馬を検出し、結果をレポートとして報告するサービス。

一般的なセキュリティ対策ソフトで検知されないよう作成されたウイルスについても、外部へのパケットを取得し、専用機器による解析や専門家による判断を通じて感染を特定。感染端末や不正通信の日時、宛先、考えられる脅威についてレポートを提供する。

既存環境における感染を調査するスポットサービスにくわえ、今後のウイルスの侵入に備えた年間サービスにも対応する。

またウイルス感染が判明した際に、流出したファイルの特定や、被害の原因や被害範囲を調べるフォレンジック調査についてもオプションサービスを用意している。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
CSA、IoTの「攻撃シナリオ」と「対策」まとめた資料を公開
「McAfee Web Gateway」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
マイナンバー含む税額決定通知書の誤送付が判明 - 千葉市
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
委託先の職員が業務用携帯電話を紛失 - 福岡県
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
Officeゼロデイ脆弱性に対する大規模メール攻撃、国内影響なし - 12日以降沈静化