Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、遠隔操作ウイルスを調査報告する新サービス

ネットエージェントは、組織内におけるウイルス感染を調査、報告する「遠隔操作ウイルス通信発見サービス」を提供開始した。

同サービスは、ネットワークの通信内容から、遠隔操作が行えるトロイの木馬を検出し、結果をレポートとして報告するサービス。

一般的なセキュリティ対策ソフトで検知されないよう作成されたウイルスについても、外部へのパケットを取得し、専用機器による解析や専門家による判断を通じて感染を特定。感染端末や不正通信の日時、宛先、考えられる脅威についてレポートを提供する。

既存環境における感染を調査するスポットサービスにくわえ、今後のウイルスの侵入に備えた年間サービスにも対応する。

またウイルス感染が判明した際に、流出したファイルの特定や、被害の原因や被害範囲を調べるフォレンジック調査についてもオプションサービスを用意している。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
脆弱性判明後、「Drupal」調査アクセスが増加 - 攻撃対象を探索か
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性