Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、スマホで安全なデータ共有を実現するクラウドサービス

日立システムズは、データ共有にクラウドを活用し、モバイルデバイス内に利用データを残さないことで情報流出リスクを低減するソリューション「スマートデバイス対応データ共有システム」を提供開始した。

同システムは、プライベートクラウドを活用し、複数のユーザーで安全なデータ共有を実現するソリューション。パソコンにくわえ、AndroidやiOSを搭載したスマートフォン、タブレット端末に対応している。

電話帳のデータや端末のカメラで撮影した写真、録音した音声、ドキュメントなど、デバイスではなく企業のプライベートクラウド内に保存するため、紛失時にはアクセス制限により情報の漏洩を防止できる。

デバイスの一括管理に対応しており、管理画面からアクセスログの管理やアクセスの遮断、端末の機能制限、アクセス先フォルダの限定、端末に対するメッセージの一斉配信などが行える。

価格は、ライセンス数が100から300未満のエントリーモデルが275万8000円。ライセンス数1000未満のスタンダードモデルが663万6000円。ハードウェア、導入設定費用、運用費用が別途必要。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」