Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、スマホで安全なデータ共有を実現するクラウドサービス

日立システムズは、データ共有にクラウドを活用し、モバイルデバイス内に利用データを残さないことで情報流出リスクを低減するソリューション「スマートデバイス対応データ共有システム」を提供開始した。

同システムは、プライベートクラウドを活用し、複数のユーザーで安全なデータ共有を実現するソリューション。パソコンにくわえ、AndroidやiOSを搭載したスマートフォン、タブレット端末に対応している。

電話帳のデータや端末のカメラで撮影した写真、録音した音声、ドキュメントなど、デバイスではなく企業のプライベートクラウド内に保存するため、紛失時にはアクセス制限により情報の漏洩を防止できる。

デバイスの一括管理に対応しており、管理画面からアクセスログの管理やアクセスの遮断、端末の機能制限、アクセス先フォルダの限定、端末に対するメッセージの一斉配信などが行える。

価格は、ライセンス数が100から300未満のエントリーモデルが275万8000円。ライセンス数1000未満のスタンダードモデルが663万6000円。ハードウェア、導入設定費用、運用費用が別途必要。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出