Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、スマホで安全なデータ共有を実現するクラウドサービス

日立システムズは、データ共有にクラウドを活用し、モバイルデバイス内に利用データを残さないことで情報流出リスクを低減するソリューション「スマートデバイス対応データ共有システム」を提供開始した。

同システムは、プライベートクラウドを活用し、複数のユーザーで安全なデータ共有を実現するソリューション。パソコンにくわえ、AndroidやiOSを搭載したスマートフォン、タブレット端末に対応している。

電話帳のデータや端末のカメラで撮影した写真、録音した音声、ドキュメントなど、デバイスではなく企業のプライベートクラウド内に保存するため、紛失時にはアクセス制限により情報の漏洩を防止できる。

デバイスの一括管理に対応しており、管理画面からアクセスログの管理やアクセスの遮断、端末の機能制限、アクセス先フォルダの限定、端末に対するメッセージの一斉配信などが行える。

価格は、ライセンス数が100から300未満のエントリーモデルが275万8000円。ライセンス数1000未満のスタンダードモデルが663万6000円。ハードウェア、導入設定費用、運用費用が別途必要。

(Security NEXT - 2012/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ