Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Symantec Endpoint Protection 11」などに脆弱性 - 最新版では修正済み

シマンテックが提供する複数のウイルス対策製品に脆弱性が存在することがわかった。セキュリティ機関などは、影響を受けない最新版へのアップグレードを呼びかけている。

脆弱性情報サイト「JVN」によれば、「CABファイル」の展開時に使用されるコンポーネントに脆弱性「CVE-2012-4953」が判明したもの。悪用された場合、任意のコードが実行されるおそれがある。

影響を受けるのは「Symantec Endpoint Protection 11」と「Symantec Scan Engine 5.2」で、同社の他製品も影響を受ける可能性があるという。

最新版である「Endpoint Protection 12」と「Protection Engine for Cloud Services 7」では影響を受けないとして、製品のアップグレードを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ