Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMと東芝、Androidタブレット向けに不正アプリの起動防止機能を開発

日本アイ・ビー・エムと東芝は、Android端末において許可していないアプリの利用を防止したり、外部デバイスの制御を実現する技術をあらたに開発した。東芝が企業向けに提供するAndroidタブレットの新機能として提供する。

従来のAndroid端末では、すべてのアプリケーションがユーザー権限で動作するため、管理者が起動の禁止や消去を実行することが難しかったが、今回あらたに未許可のアプリケーションの導入を防いだり、すでに導入されている不正アプリの起動を禁止し、強制的に消去する技術を開発した。

またSDカードやUSBインタフェース、Bluetoothの利用を制御し、アプリケーション開発用の通信機能も無効にすることが可能。外部端末からのプログラムの書き換えを防止し、タブレット内の情報を保護できる。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能