Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトから配布される新種のマルウェアが増加傾向 - シマンテック調査

シマンテックは、9月に同社が検知したウイルスやスパムの状況について取りまとめた。

同社が9月にあらたに観測したマルウェア配布サイトは、1日平均780件。減少傾向が続き、前月の1099件を下回ったが、配布されるマルウェアの数は増加している。また、これまで少数のサイトで確認されていた新種のマルウェアが増加を見せており、9月は全体の11.4%があらたに検知されたマルウェアだった。

ウイルス感染を目的としたメールの割合は0.47%で、211通に1通の割合で送信された。前月と比べて、0.04ポイントとわずかながら増加している。そのうち不正サイトへのリンクが記載されていたのは22.2%だった。

メール感染型マルウェアでもっとも多く検知されたのは、前月と変わらず「W32/Bredolab.gen!eml.j」で、全体の12.51%を占める。ポリモーフィック型マルウェアの割合は10.9%だった。

スパムメールの割合は全流通メールの75%で、前月より2.7ポイント上昇した。悪質な添付ファイルやリンクを含むスパムの割合は、8月下旬から減少し、低い水準が続いている。フィッシングメールの割合は0.41%で、245.4通に1通の割合で送られていた。前月より0.088ポイント増加している。

国内では、ウイルス感染メールは623.9通に1通で0.16%、スパムの割合は72.3%だった。いずれも世界標準を下回っているが、増加傾向が続いている。

(Security NEXT - 2012/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加