Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業や組織の1割が「Tor」利用、潜在する情報漏洩リスク - パロアルト調査

パロアルトネットワークスは、通信ルートを隠蔽する「Tor(The Onion Router)」が約10%の国内組織において利用されていたとの調査結果を発表した。

同調査は、アプリケーションの利用状況を識別できる同社ファイアウォールを、企業や組織のネットワーク内に設置し、インターネットゲートウェイで転送されるトラフィックを監視したもの。

同社が2012年4月から10月にかけて、220の国内企業や組織を対象に利用しているアプリケーションを調査したところ、1割で接続ルートを隠匿できる「Tor」を利用していることが判明した。

「Tor」は、企業や組織内で悪用されると「なりすまし」といった犯罪や機密情報の外部送信に用いられ、ビジネス上のリスクとなる可能性がある。最近では、ウイルスの遠隔操作による犯罪予告でも利用されたと見られており、注目を集めた。

同社は、プロクシやURLフィルタリングのログをチェックし、Torのダウンロードサイトがないか確認することや、「Tor」を利用した形跡が通信履歴に残っていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
公衆無線LAN利用者や設置者向けに手引書 - 脅威や対策を解説
PC遠隔操作事件、懲役8年の実刑判決
無線LAN の「ただ乗り」、「する」も「される」いずれも危険 - IPA注意喚起
遠隔ウイルスの犯人情報募集でFacebookページ - 「いいね」1000件超
「犯行予告ウイルス」事件の情報提供に最高300万円の報奨金
自己消去で証拠隠滅するウイルス、早期のフォレンジックが有効
トレンド、犯罪予告マルウェアの専用削除ツールを提供
「犯罪予告ウイルス」のコードに日本語文字列 - ネット上のサンプルコードを参照か
警察庁、遠隔操作ウイルスの被害防止を呼びかけ