Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle製品向けに定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正

Oracleは、四半期ごとに公開している同社製品向けの定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。今回Java SEのアップデートと公開が重なっている。

今回のアップデートでは、「Oracle Database」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Sun Products Suite」「Oracle Virtualization Suite」「Oracle MySQL Server」など10の製品グループを対象としたもので、多数の脆弱性を修正した。

修正された脆弱性には、リモートで認証なしに悪用できるものも複数含まれており、同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう呼びかけている。

「Java SE」の定例アップデートとは異なるサイクルでアップデートを公開しているが、今回偶然重なった。次回の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」は、2013年1月15日を予定している。

(Security NEXT - 2012/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ