Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle製品向けに定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正

Oracleは、四半期ごとに公開している同社製品向けの定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。今回Java SEのアップデートと公開が重なっている。

今回のアップデートでは、「Oracle Database」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Sun Products Suite」「Oracle Virtualization Suite」「Oracle MySQL Server」など10の製品グループを対象としたもので、多数の脆弱性を修正した。

修正された脆弱性には、リモートで認証なしに悪用できるものも複数含まれており、同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう呼びかけている。

「Java SE」の定例アップデートとは異なるサイクルでアップデートを公開しているが、今回偶然重なった。次回の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」は、2013年1月15日を予定している。

(Security NEXT - 2012/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ