Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「犯罪予告ウイルス」のコードに日本語文字列 - ネット上のサンプルコードを参照か

マルウェアに感染したパソコンから、所有者になりすましてインターネット上へ犯罪予告が書き込まれた事件で、セキュリティベンダーによるマルウェアの分析が進んでいる。

シマンテックでは、入手した検体を「Backdoor.Rabasheeta」として定義に追加。現時点で「同Ver.2.23」「同Ver.2.35」と2種類のバージョンを入手しているという。未確認だが、バージョン番号が離れているため、ほかに亜種が存在している可能性もあると指摘している。

また外部から遠隔操作するマルウェアは、同マルウェア以外にも多数存在しているが、今回分析した検体のプログラムコードに日本語が含まれていたことへ着目。日本語に精通した人物によって作成された可能性へ言及している。

日本語が使われていたのは、作者と通信する際、暗号化に用いる文字列。一般のプログラム解説サイトに、同様の表記を含むサンプルコードが公開されており、マルウェアの作者が、プログラミング時に同サイトを参照したと見られている。

シマンテックでは、現時点における感染規模について「ごく限定的」としている。感染していないか確認する際は、マルウェアが用いたファイル名「iesys.exe」で検索するほか、他ファイル名を利用しているおそれもあるとして、最新のセキュリティ対策ソフトでスキャンを実行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導