Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドラクエX」で不正アクセス被害が増加 - 漏洩は確認されず、防止策を導入

スクウェア・エニックスが提供するオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」において、不正アクセスの被害が増加している。

同社によれば、利用者から寄せられる問い合わせが増加しており、実際に不正アクセスの増加を把握しているという。

同社は、アカウント情報の外部漏洩を否定した上で、あらたな防止策として、不審なアクセスを検知した場合に、ログインを制限するあらたな対策を10月2日に導入した。具体的な対策内容については、セキュリティ上の理由で明らかにしていない。

今回の措置の影響で、プレイヤーが突然ログインできなくなるケースも想定されており、その場合は、パスワードを再設定することで再びアクセス可能になるとしている。

また今回導入したシステムは、不正アクセスを完全に防ぐものではないとして、各プレイヤーがアカウントやパスワードの取り扱いに十分注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も