Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

尖閣問題で少なくとも8サイトが改ざん - 11サイトにDDoS攻撃の影響

尖閣諸島問題に関連し、先週から今週にかけて中国国内で大規模なデモが発生しているが、インターネット経由によるサイバー攻撃の被害も国内で多発している。

警察庁では、中国のハッカー集団「紅客連盟」のインターネット掲示板や大手チャットサイトに、約300の国内組織を攻撃対象とする書き込みが行われたことを把握。

それに乗じたと見られる攻撃が発生しており、総務省統計局をはじめとする11サイトがDDoS攻撃により閲覧できない状態が発生した。

さらに裁判所、東北大病院、東工大の世界文明センターなど、少なくとも8サイトが、中国国旗といった画像や文章を表示するよう改ざんされる被害に遭っている。

警察庁ではこうした状況を受け、サイバーフォースセンターによる監視体制を強化。攻撃対象に挙げられた組織に対する組織へ注意喚起を行っている。また被害を受けた組織より情報を収集しており、攻撃規模など実態の把握を進めている。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表