Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、Wi-Fi機能搭載UTMアプライアンスを発売

フォーティネットジャパンは、Wi-Fi機能を備えたUTMアプライアンス「FortiWiFi」の販売を開始した。

同製品は、VPNやウイルス対策といったUTM機能を実現するセキュリティゲートウェイ「FortiGate」に無線LANアクセスポイント機能を追加したアプライアンス製品。

「FortiWiFi-40C」「FortiWiFi-60C」の2製品をラインナップに用意するほか、無線LANコントローラ機能と連携して稼働する無線LANアクセスポイント「FortiAP-221B」を提供する。

同社では、従来より同社ゲートウェイとの連携により無線トラフィックを精査できる無線LANアクセスポイントを提供してきたが、ブランチオフィスや小規模拠点で気軽に導入できるよう、今回ラインナップを強化した。

アクセスポイントだけでなく、クライアントモードで利用できるほか、「FortiWiFi-60C」では、Express Cardスロットを搭載。さらに両機種ともにUSBインタフェースを装備しており、バックアップ回線として移動体通信サービスが利用できる。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始