Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Internet Explorerに未修正の深刻な脆弱性 - 標的型のゼロデイ攻撃が発生

「Internet Explorer」に未修正の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。Microsoftでは、定例外の提供も視野に入れ、セキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

今回明らかになったのは、細工したウェブサイトへ誘導することにより、リモートからコードを実行できる脆弱性。「同7」から「同9」まで影響があるが、「同10」は、対象外だという。

同社では、一部標的型攻撃が発生しているとの報告を受けており、「MAPP(Microsoft Active Protections Program)」を通じて、パートナーであるセキュリティベンダーへ脆弱性に関する情報を提供している。

ユーザーに対して、ファイアウォールを有効にし、セキュリティ対策製品の最新版を利用することにくわえ、信頼できるサイトのみ「ActiveXコントロール」や「Active Script」の動作を許可したり、脆弱性緩和ツールである「EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」を活用するなど、緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ