Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月平均270万件の不正サイトを確認 - マカフィー四半期レポート

マカフィーは、2012年第2四半期の脅威レポートを公開した。ウェブの脅威は依然として活発で、1カ月あたり270万件の悪質なURLが確認されている。

同社では、マルウェアや不審なプログラムを配布するサイトや、フィッシング詐欺、スパムなどに関わる悪質なサイトについて、同四半期に1カ月月あたり平均270万件を観測。6月末までに確認された悪質なURLは3600万件を超え、2260万件のドメインが含まれる。

4月に確認された悪質なURLは約220万件だったが、その後増加を続け6月には300万件超まで拡大。これら悪質なURLの94.2%には、マルウェアやエクスプロイト、コンピュータの乗っ取りに関する不正コードが含まれるという。フィッシング詐欺は4%、スパムは1%となっている。

同四半期には、不正サーバの所在地に変化が見られた。前四半期では北米がもっとも多く92%を占めていたが、今期はヨーロッパ/中東が約半数を占めた。国別に見ると、オランダが最多だったという。

(Security NEXT - 2012/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍