Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ソースコード検査ツール「iCodeChecker」の学習資料を公開

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェアのソースコードを検査し、問題部分や修正方法をレポートする検査ツール「iCodeChecker」の学習用資料を公開している。

「iCodeChecker」は、C言語のソースコードをチェックし、脆弱性が含まれていないか検査できるソフトウェア。作り込みやすく危険度の高い脆弱性を検出することが可能。脆弱性を検出した場合は、修正例や脆弱性が悪用された場合の脅威についてレポートを出力する。

今回用意したのは、同ツールを利用して脆弱性と安全なプログラミングの手法を学ぶことができるよう解説した資料。C言語のの基礎的な言語仕様について理解しており、1年以上の開発経験がある人を対象としている。

同資料では、「バッファオーバーフロー」「配列インデックスの検証の不備」「整数オーバーフロー」など8種類の脆弱性について取り上げており、サンプルを用いてツールによる脆弱性の発見から修正までの流れを体験できる。

(Security NEXT - 2012/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表