Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DISとトレンドが協業、中小企業向けセキュリティサービスを提供

ダイワボウ情報システムとトレンドマイクロは、パソコンやタブレット端末のセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業により、ダイワボウ情報システムはトレンドマイクロのSaaS型セキュリティサービスの月額版および年額版を、9月20日より順次販売する。「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス Powered by DIS 月額版」は、1ライセンス525円。年額版はオープンプライス。

また、同社が販売する一部のPCおよびタブレット端末に、同セキュリティサービスの製品版または30日間利用可能な評価版をバンドルし、拡販を目指す。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業