Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」が再びアップデート - 前回公開からわずか7日

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。前回8月14日にPC向けへ公開したアップデートとは別のプログラムで、非常に短いサイクルで修正が行われた。

8月14日に標的型攻撃で悪用されている「CVE-2012-1535」を修正したが、今回のアップデートは、別の脆弱性6件に対応したもの。脆弱性が悪用されるとアプリケーションがクラッシュし、リモートでコードを実行される可能性がある。

これら脆弱性は、WindowsやMac OS X、Linux向けに提供している「Adobe Flash Player 11.3.300.271」に含まれており、以前のバージョンも影響を受ける。

また今回の脆弱性は、Android版の「同11.1.115.11」および「同11.1.111.10」や以前のバージョン、「Adobe AIR」についても脆弱性が含まれるとして、修正を行った。

適用優先度は、Windows向けのアップデートが3段階中もっとも高い「1」にレーティングされており、攻撃の発生が懸念されている。またMac OS Xについても、30日以内に悪用コードが発生する可能性がある「2」に設定。そのほかのプラットフォームについては優先度「3」としている。

(Security NEXT - 2012/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大