Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - 名古屋大付属病院

名古屋大学医学部付属病院の医師が、同院およびほかの医療機関の患者情報86件が保存されたUSBメモリを紛失した。

紛失したUSBメモリには、同院の患者にくわえ、同院が運営に携わっている中部臨床腫瘍研究機構での業務において入手した関係医療機関の患者に関する情報が保存されていた。病院名や担当医師氏名、患者のイニシャル、身長、体重、治療情報など86件が含まれる。

USBメモリは医師が鞄のポケットに入れていたが、8月3日の帰宅時に利用したタクシーの車内で落とした可能性が高いという。同院では関係医療機関に対し、経緯説明と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2012/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市