Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、クラウド型セキュリティ基盤を拡充 - モバイルや脆弱性などのDBを統合

logotm.jpg

トレンドマイクロは、同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」を拡充すると発表した。

「SPN」は、クラウド上でセキュリティ関連情報を収集、分析し、同社のセキュリティ対策製品やサービスに活用しているセキュリティ基盤。これまでも不正なメールやウェブ、ファイルのレピュテーション機能で利用しているが、さらに複数データベースを統合し、相関分析などを強化する。

120807tm_01.jpg
「Trend Micro Smart Protection Network」の進化(トレンドマイクロ)

具体的には、モバイルアプリのレピュテーション機能や正規アプリケーションの情報を収録した「ホワイトリスト」を追加。さらに「OS」や「アプリケーション」の脆弱性を悪用する攻撃コードを検出するための「脆弱性ルール」や、不審な通信を検知するための「ネットワークトラフィックルール」などを統合する。

また既存の「ファイルレピュテーション」については、コミュニティからのフィードバックを反映させるほか、「ウェブレピュテーション」についても、サンドボックスやエミュレータを活用し、評価の即時性を向上させる。

データ処理量としては、2008年と比較すると約6倍に増強し、1日あたり6Tバイトの処理を実現。クエリ処理量についても3倍強となる160億クエリに対応する。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ