Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者や学生の個人情報含むPCが所在不明 - 日大付属歯科病院

日本大学歯学部付属歯科病院において、患者や学生、学生の保護者の個人情報が保存されたノートパソコンの盗難が発生した。

同病院によれば、7月17日に医局内で同PCを利用し、机の引き出しに入れて保管していたが、23日に再び利用しようとしたところ、紛失していることに気が付いたという。

所在不明となっているPCには、同院の患者325人、および埼玉県立小児医療センターの患者180人の氏名やカルテ番号、医療情報などのほか、日本大学医学部総合健診センターの受診者61人の氏名や年齢、性別などが保存されていた。このほか、歯学部の学生130人の電話番号、学生の保護者62人の氏名、住所、電話番号なども含まれる。

探したものの発見できなかったため、盗難の可能性があると判断し警察へ届け出た。不正利用の報告は受けていない。同院では、対象となる患者や関係者への報告と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2012/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市