Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホのバッテリ消耗に不満持つユーザーを狙った不正アプリに注意

シマンテックは、Android端末内の個人情報を窃取する不正アプリ「奇跡のバッテリ節約アプリ」について注意を呼びかけた。

同社が確認したのは、Android端末のバッテリの使用量が半分になるなどと騙し、端末へインストールさせようとする不正アプリ。同アプリを勧める日本語のスパムメールも流通している。

同アプリは、インストール時に「連絡先データの読み取り」「インターネットへのアクセス」といった権限を要求。誤って許可するとデバイスに保存されている連絡先データを窃取し、外部へ送信するという。

実際にはバッテリの節約機能は備えておらず、端末利用者へ不信感を抱かせないようインストール後に「使用デバイスがアプリに対応していない」などと表示していた。

シマンテックによれば、犯人グループは、スパム送信で有名なソーシャルネットワークサイトや出会い系サイトを運営しており、取得された情報がスパム送信や詐欺行為に利用される可能性もあるという。

(Security NEXT - 2012/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調