Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年に国内企業の半数が情報流出を経験 - シマンテック調査

シマンテックは、企業の保有する情報に関する調査を実施し、結果を取りまとめた。2011年に国内企業の半数が情報流出を経験していたという。

同調査は、2012年2月から3月にかけて、国内企業200社を含む世界36カ国の従業員数5人から5000人以上の企業4506社の意思決定者を対象に実施したもの。

調査結果によると、企業が所有する情報量と情報価値は上昇傾向にあり、情報が企業価値に占める割合について、ワールドワイドでは49%、国内企業では30%を占めると回答したという。

情報損失がビジネスに与える影響について、国内企業では61%が「顧客喪失」、51%が「収益減少」に影響を及ぼすと回答。ワールドワイドではそれぞれ49%、41%で国内企業の方が10ポイント以上高かった。

一方「評判やブランドへのダメージ」とする声は35%で、ワールドワイドに比べ12ポイント低く、「株価暴落(13%)」についても7ポイント下回るなど、国内企業では、間接的な影響より直接的な損失が大きいと考える傾向が見られたという。

国内の39%において人為ミスや障害、端末の盗難や紛失などに起因する情報の損失による被害が発生。またワールドワイドの69%を下回ったものの、回答した国内企業の50%が、2011年に情報の外部流出を経験していた。

(Security NEXT - 2012/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に