Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストフード店で顧客情報が盗難被害に - 大和小田急建設

大和小田急建設は、従業員がファーストフード店で盗難に遭い、マンションの入居者や関係者の個人情報を盗まれたと発表した。

同社によれば、6月22日に従業員がファーストフード店において、何者かに資料をリュックサックごと持ち去られたもので、過去に施工した分譲マンションの入居者78人分の氏名と電話番号が記載された資料や建物の図面一式、関係者の名刺コピー317人分などを被害にあったという。

同日中に警察へ届け出たが、発見されていない。同社では、対象となる顧客への報告と謝罪を進めている。また今回の問題を受け、個人情報保護やセキュリティ対策を再度徹底するなど対策に取り組む。

(Security NEXT - 2012/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
飲食店で預けた鞄が別人の手に - 個人情報が所在不明
分譲マンションの顧客情報を記載した書類が盗難 - ワールド・エステート
委託先従業員が顧客情報含む帳票を紛失 - 住宅設備機器メーカー
管理マンション居住者の個人情報含む名簿を紛失 - 東急不動産グループ会社
顧客情報3018件の外部流出が判明 - スカイコート
相談会会場で来場者リストを紛失 - 伊藤忠アーバンコミュニティ
入口扉の暗証番号含むマンション情報がファイル共有ソフト経由で流出 - 大阪市水道局
顧客情報関連の事故2件を公表 - 相鉄不動産販売
土地関係者の個人情報含む書類を紛失 - 三井不動産レジデンシャル