Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、Android端末へ発着信履歴や電話帳、メールを残存させないソリューション

NTTソフトウェアは、電話の発着信履歴や電話帳データ、メールを端末に残さず利用できるAndroid向けアプリとシステムを、7月2日より発売する。

同社が提供するオフィス向けソリューション「ProgOfficeセキュアオフィスシリーズ」の新ラインナップとして提供するもの。Androidアプリとサーバの連携により実現している。

同アプリにより、電話の発着信履歴をはじめ、電話帳データ、メールデータなどを端末上に残さずに利用することが可能。さらに管理者が遠隔操作でアプリをロックすることが可能で、端末紛失時の情報漏洩や不正利用などを防ぐことができる。

500人利用時の価格は460万円。今後「iOS」にも対応する予定だという。

(Security NEXT - 2012/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも