Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IntelのCPUで動作する64ビットOSや仮想化環境に脆弱性

IntelのCPU上で動作する一部64ビットOSや仮想化環境に権限昇格が発生する脆弱性が含まれていることがわかった。開発者や、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

今回の脆弱性「CVE-2012-0217」は、「Windows」をはじめ、「Red Hat Enterprise Linux」「SUSE Linux」といった一部Linuxディストリビューション、「FreeBSD」「Xen」などが影響を受けることが判明。「Mac OS X」や「VMware」などは影響を受けない環境もある。

各OSにおいて攻撃を悪用するには、ローカル権限でログインする必要がある。また「Xen」では準仮想化環境で動作するゲストOSの管理者がホストの制御を奪取できるという。

日本マイクロソフトが、6月の月例セキュリティ更新プログラム「MS12-042」で対応したほか、各ベンダーがアップデートを用意。「Xen」ではパッチのほか、完全仮想化により脆弱性を緩和できるとしている。

(Security NEXT - 2012/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表