Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IntelのCPUで動作する64ビットOSや仮想化環境に脆弱性

IntelのCPU上で動作する一部64ビットOSや仮想化環境に権限昇格が発生する脆弱性が含まれていることがわかった。開発者や、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

今回の脆弱性「CVE-2012-0217」は、「Windows」をはじめ、「Red Hat Enterprise Linux」「SUSE Linux」といった一部Linuxディストリビューション、「FreeBSD」「Xen」などが影響を受けることが判明。「Mac OS X」や「VMware」などは影響を受けない環境もある。

各OSにおいて攻撃を悪用するには、ローカル権限でログインする必要がある。また「Xen」では準仮想化環境で動作するゲストOSの管理者がホストの制御を奪取できるという。

日本マイクロソフトが、6月の月例セキュリティ更新プログラム「MS12-042」で対応したほか、各ベンダーがアップデートを用意。「Xen」ではパッチのほか、完全仮想化により脆弱性を緩和できるとしている。

(Security NEXT - 2012/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大