Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数アプリの脆弱性を攻撃する「Blackhole」、5月も引き続き観測 - マカフィーまとめ

マカフィーは、同社が5月に検知したマルウェアの状況を取りまとめた。複数アプリの脆弱性を悪用するドライブバイダウンロード攻撃「Blackhole」が、前月に引き続き確認されている。

同社がまとめたランキングでは、検知データ数とマシン数で「W32/Conficker.worm」が上位2位を占める。またこれまでの傾向と変わらず、オートラン機能を悪用するワームが生成したテキストファイル「Generic!atr」も上位に入った。

ツールキットを利用するドライブバイダウンロード攻撃「Blackhole」は、4月に活発な動きを見せたが、5月も引き続き観測されている。

不正サイトに誘導するJavaScriptが、「JS/Exploit-Blacole」や「JS/Blacole-Redirect」として検知されており、前月より検知数は減少しているものの、依然として企業数とマシン数でトップ10圏内に位置している。

誘導先の不正サイトでは、「JRE」や「Flash」「Adobe Reader」などメジャーなアプリケーションの脆弱性を攻撃するファイルがダウンロードされ、最終的にはオンラインバンキングのアカウント情報を盗み、別名「Zeus」としても知られる「Zbot」や、ルートキット機能を持つ「ZeroAccess」に感染するなど、深刻な被害につながるおそれがある。

同社が発表した5月の検知マシン数トップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:W32/Conficker.worm.gen.a
2位:W32/Conficker.worm!job
3位:Generic!atr
4位:W32/Conficker.worm!inf
5位:Generic Autorun!inf.g
6位:Generic PWS.ak
7位:JS/Exploit-Blacole.x
8位:PWS-Zbot.gen.yl
9位:New Autorun!inf.b
10位:W32/Conficker!mem

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.x
2位:RemAdm-VNCView
3位:Adware-OptServe
4位:Adware-UCMore
5位:Generic PUP.d
6位:Tool-PassView
7位:Generic PUP.z
8位:Adware-OpenCandy.dll
9位:Tool-ProduKey
10位:Exploit-MIME.gen.c

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験