Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2400枚以上のATMレシートが路上へ散乱 - 広島信金

広島信用金庫は、廃棄予定のATMレシートが路上に散乱し、個人情報が流出した可能性があると発表した。

散乱したのは、利用者が持ち帰らなかった取引情報が記載されているATMのレシート。業務委託先が5月16日に同金庫より回収したが、ごみ収集車より落下し、袋が破れてレシートが道路上に散乱した。同日21時ごろに通行人より通報があり、問題が発覚。同金庫では、職員が当日深夜や翌朝に周辺を探し、2449枚を回収したという。

同金庫では、回収したレシートより対象となる14カ所のATMを特定。振込やキャッシング、振替など個人情報が記載されたレシートを調べたところ、持ち帰った利用者も含め2万7284件であることが判明。関連する顧客に対して郵便や訪問により連絡を取り、謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構