Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」最終報告案で意見募集

総務省は、2011年10月から開催している「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」が取りまとめた最終報告案について、意見募集を開始する。

同研究会は、事業者や有識者が参加し、スマートフォンやクラウド利用時におけるセキュリティ上の課題や、安全な利用環境の構築に向け検討しているもので、携帯電話事業者や端末製造事業者に求められる対策や、利用者が注意すべきポイントなどを取りまとめ、2011年12月に中間報告書を発表。今回の最終報告では、状況の変化などを踏まえ、内容を拡充した。

募集期間は、4月28日より5月28日まで。提出された意見を踏まえて最終報告を取りまとめ、公表する予定。

(Security NEXT - 2012/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない