Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」最終報告案で意見募集

総務省は、2011年10月から開催している「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」が取りまとめた最終報告案について、意見募集を開始する。

同研究会は、事業者や有識者が参加し、スマートフォンやクラウド利用時におけるセキュリティ上の課題や、安全な利用環境の構築に向け検討しているもので、携帯電話事業者や端末製造事業者に求められる対策や、利用者が注意すべきポイントなどを取りまとめ、2011年12月に中間報告書を発表。今回の最終報告では、状況の変化などを踏まえ、内容を拡充した。

募集期間は、4月28日より5月28日まで。提出された意見を踏まえて最終報告を取りまとめ、公表する予定。

(Security NEXT - 2012/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料