Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約2割のMacにWindowsマルウェアが潜在 - Macマルウェアも2.7%から検知

約2割のMacにWindows環境で感染するマルウェアが存在しているとの調査結果をソフォスが取りまとめた。Macへ感染するおそれはないが、Windowsへ拡散するおそれがあると同社は警告している。

同調査は、同社が無料配布しているMac向けセキュリティ対策ソフトをインストールしている10万台を対象に実施したもの。7日分のスナップショットを収集して分析した。

調査によれば、5台に1台の割合でWindowsマルウェアが潜在していることが判明。もっとも多く検出されたのは、スパムで拡散するマルウェア「Mal/Bredo」で12.2%にのぼる。

Mac OS Xを標的としたマルウェアの検出率は2.7%で、36台に1台の割合で見つかった。「Flashback」の名で知られる「OSX/Flshplyr」が全体の75.1%を占めて最多だった。偽ウイルス対策ソフト「OSX/FakeAV」が17.8%で続く。

Mac対象のマルウェアもUSBメモリやメールの添付ファイル、ウェブからのドライブバイダウンロード攻撃などで感染するとして、同社はWindowsと同様のウイルス対策が必要だと注意を呼びかけている。

Macで検出されたWindowsマルウェア

1位:Mal/Bredo
2位:Mal/Phish
3位:Mal/FakeAV
4位:Troj/ObfJS
5位:Mal/ASFDldr
6位:Troj/Invo
7位:Troj/Wimad
8位:Mal/Iframe
9位:Mal/JavaGen
10位:その他

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2015年2Qの脆弱性登録件数は1479件 - 2カ月連続で減少
2015年4Qの脆弱性登録は1619件 - 「IE」190件で最多
2015年3Qの脆弱性情報は1761件 - 181件の「iOS」が最多
多数のブラウザやSSL対応サイトが非推奨の暗号アルゴリズムを優先的に利用
2012年上半期の脅威、99.6%が「金銭目的」、「諜報活動」は約0.4% - 日本IBMまとめ
Dr.WEB、「Flashback」の感染数は依然高水準 - 減少説に反論
メールトラフィック上のマルウェアが前月の20倍に - Dr.Webまとめ
遺失物USBメモリの6割からマルウェア - 暗号化対策も未実施
リムーバブルメディアやウェブサイト経由の感染が依然活発 - ESETレポート
リムーバブル経由の感染狙うマルウェアが引き続き活発 - ESETレポート