Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

届け出あったスマホアプリの脆弱性、85%に情報漏洩のおそれ - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)によれば、2011年後半よりスマートフォンアプリの脆弱性に関する届け出が増加している。そのうち約85%に情報漏洩のおそれが存在していた。

同機構によれば、スマートフォンアプリの脆弱性は、2011年後半より届け出が寄せられている。2011年第3四半期に10件、第4四半期に17件、2012年第1四半期に7件のあわせて34件にのぼっており、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出のうち、約4分の1を占める状況だ。

届けられた脆弱性34件のうち、85%が「アクセス制限の実装上の不備」に関する脆弱性で、情報漏洩につながるおそれがあったという。同機構は開発者に対して、データを管理、共有する機能を実装する際に、アクセス制限の設定を十分に考慮するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で