Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

届け出あったスマホアプリの脆弱性、85%に情報漏洩のおそれ - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)によれば、2011年後半よりスマートフォンアプリの脆弱性に関する届け出が増加している。そのうち約85%に情報漏洩のおそれが存在していた。

同機構によれば、スマートフォンアプリの脆弱性は、2011年後半より届け出が寄せられている。2011年第3四半期に10件、第4四半期に17件、2012年第1四半期に7件のあわせて34件にのぼっており、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出のうち、約4分の1を占める状況だ。

届けられた脆弱性34件のうち、85%が「アクセス制限の実装上の不備」に関する脆弱性で、情報漏洩につながるおそれがあったという。同機構は開発者に対して、データを管理、共有する機能を実装する際に、アクセス制限の設定を十分に考慮するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に