Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

届け出あったスマホアプリの脆弱性、85%に情報漏洩のおそれ - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)によれば、2011年後半よりスマートフォンアプリの脆弱性に関する届け出が増加している。そのうち約85%に情報漏洩のおそれが存在していた。

同機構によれば、スマートフォンアプリの脆弱性は、2011年後半より届け出が寄せられている。2011年第3四半期に10件、第4四半期に17件、2012年第1四半期に7件のあわせて34件にのぼっており、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出のうち、約4分の1を占める状況だ。

届けられた脆弱性34件のうち、85%が「アクセス制限の実装上の不備」に関する脆弱性で、情報漏洩につながるおそれがあったという。同機構は開発者に対して、データを管理、共有する機能を実装する際に、アクセス制限の設定を十分に考慮するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件