Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、2012年第1四半期にAndroidの不正アプリ約5000件を確認 - 3カ月で急激に増加

トレンドマイクロは、2012年1月から3月までの3カ月間に、Androidを狙ったあらたな不正アプリ約5000件を確認したことを明らかにした。

同社の四半期レポートで明らかにしたもので、2012年に入りわずか3カ月で、約5000件の不正アプリをあらたに確認したという。

同社がセキュリティ対策ソフトの定義ファイルで対応したAndroid向け不正アプリは、2010年末の時点でわずか5件。2011年末に1178件と急拡大したが、それを大きく上回るペースで推移している。

実在するゲームやスマートフォン最適化のアプリの偽物として配布されるケースや、特定の不正アプリの亜種が、多数アプリに組み込まれるケースが発生。感染するとホーム画面にショートカットを作成し、端末の通知機能を利用して広告を表示させる不正アプリ「Temple Run」なども「Google Play」で確認された。

また国内ではワンクリック詐欺の被害が広がっており、これまではPCユーザーが狙われていたが、架空請求を行うAndroidアプリが発生。誤ってアプリをインストールすると、電話番号が取得され、直接請求の電話を受ける可能性もある。

さらにロシアでは「偽Google Play」が公開され、高額の料金が発生するサービスを悪用する不正プログラムが組み込まれ、ユーザーは身に覚えのない料金を請求された例なども確認されている。

(Security NEXT - 2012/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定