Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、アクセス制御機能を強化したDB管理ソフト最新版を発表

日本IBMは、アクセス制御機能や大量データへの対応を強化したデータベース管理ソフトの最新版「IBM DB2 V10.1」を発表した。4月30日よりダウンロード販売を開始し、6月11日よりメディアパックを発売する。

同製品は、大量データの効率的な管理を実現するソフト。最新版では、個々のデータに対するアクセス制御を可能にするセキュリティ機能「Row and Column Access Control」を標準機能として搭載。従来製品では表の行や列ごとにしかアクセス制御できなかったが、同機能により、行と列の両方を制御できるようになった。

このほか、データ圧縮効率を高めてストレージ容量を削減するデータ圧縮機能「アダプティブ圧縮」や、過去に入力したデータおよび更新履歴の参照と、将来にわたって変化するデータの入力ができる「タイム・トラベル参照」などを新機能として追加した。価格は、70万3290円から。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「Adobe Connect」に認証回避のおそれ
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
「Spring Data Commons」脆弱性、PoCで悪用容易 - 「Spring Framework」利用者は注意を
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
会員約24万件のアカウント情報が外部データと一致 - プレミアム・アウトレット
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン