Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内閣府職員を偽装した標的型攻撃メールが発生 - 5日午前に攻撃集中

内閣府職員を装ってウイルスを送り付ける標的型攻撃メールが発生しており、政府やセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

問題のメールは、内閣府職員のメールアドレスを偽装。「対北朝鮮措置の延長について」という件名で送信されていた。件名と同じ名前のファイルが添付されているが、ZIPにより圧縮されたウイルスだった。

内閣府によれば、内部システムから送信した記録はなく、4月4日夕方以降、送信元を偽装し何者かが、外部から送信したものだという。

また日本IBM Tokyo SOCでは、翌5日6時ごろから11時ごろにかけて攻撃を検知。同社では比較的広範囲で観測しており、ピークを迎えた9時台には1時間あたり70件以上を検知したが、午前中で収束したという。

(Security NEXT - 2012/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験