Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正不正アクセス禁止法が成立 - フィッシング攻撃が罰則対象に

マルウェアやフィッシングなど、IDやパスワードの不正取得を禁止した改正不正アクセス禁止法が成立した。

改正不正アクセス禁止法は、1月に警察庁が改正案をまとめ、2月に閣議決定。国会を提出されていたが、3月23日に衆議院を通過、さらに参議院で同月30日に可決、成立した。今回の改正により、不正アクセスのために他人のIDやパスワードを取得する行為が刑事罰の対象となる。

またユーザーを誤認させてIDやパスワードを取得するフィッシングサイトの設置やフィッシングメールの送信にくわえ、不正アクセスのために取得したパスワードの保管や第三者への提供についても処罰対象としている。

さらにセキュリティベンダーなどアクセス制御を支援する組織に、必要な情報を提供したり、援助の実施に努めることを定めたほか、不正アクセス行為における罰則の強化を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2012/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導