Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正不正アクセス禁止法が成立 - フィッシング攻撃が罰則対象に

マルウェアやフィッシングなど、IDやパスワードの不正取得を禁止した改正不正アクセス禁止法が成立した。

改正不正アクセス禁止法は、1月に警察庁が改正案をまとめ、2月に閣議決定。国会を提出されていたが、3月23日に衆議院を通過、さらに参議院で同月30日に可決、成立した。今回の改正により、不正アクセスのために他人のIDやパスワードを取得する行為が刑事罰の対象となる。

またユーザーを誤認させてIDやパスワードを取得するフィッシングサイトの設置やフィッシングメールの送信にくわえ、不正アクセスのために取得したパスワードの保管や第三者への提供についても処罰対象としている。

さらにセキュリティベンダーなどアクセス制御を支援する組織に、必要な情報を提供したり、援助の実施に努めることを定めたほか、不正アクセス行為における罰則の強化を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2012/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
語学学習支援アプリのGitHubアカウントに不正アクセス