Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

可用性確保や脆弱性対応などサイト運営のセキュリティ対応力を争う技術競技会

Web Application Security Forum(WASForum)のHardening Zero実行委員会は、セキュリティ技術を競うイベントを4月21日に開催すると発表した。現在、参加チームを募集している。

今回開催されるイベント「Hardening Zero」は、堅牢化技術のセキュリティ競技会。すぐれた技術を備える人材の発掘や顕彰を目的に企画したという。

競技はチーム対抗戦で、制限時間内に仮想のネットワーク環境に構築されたeコマースサイトのセキュリティ対策やインシデント対応を争い、防御技術をはじめ、サイトの運営維持、ダウンタイムの最小化、コミュニケーション能力など総合的な能力で勝敗が決まる。

競技会場は都内を予定しており、チームは2人から6人まで。参加の応募締め切りは3月31日。また実行委員会では、イベントのインターネット中継を予定しており協力者やスポンサーをあわせて募集している。

(Security NEXT - 2012/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス