Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

可用性確保や脆弱性対応などサイト運営のセキュリティ対応力を争う技術競技会

Web Application Security Forum(WASForum)のHardening Zero実行委員会は、セキュリティ技術を競うイベントを4月21日に開催すると発表した。現在、参加チームを募集している。

今回開催されるイベント「Hardening Zero」は、堅牢化技術のセキュリティ競技会。すぐれた技術を備える人材の発掘や顕彰を目的に企画したという。

競技はチーム対抗戦で、制限時間内に仮想のネットワーク環境に構築されたeコマースサイトのセキュリティ対策やインシデント対応を争い、防御技術をはじめ、サイトの運営維持、ダウンタイムの最小化、コミュニケーション能力など総合的な能力で勝敗が決まる。

競技会場は都内を予定しており、チームは2人から6人まで。参加の応募締め切りは3月31日。また実行委員会では、イベントのインターネット中継を予定しており協力者やスポンサーをあわせて募集している。

(Security NEXT - 2012/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言